ハイエースキャンピングカーの基本情報と最新オススメ車種2017決定版

みなさん、今人気を集めているハイエースキャンピングカーをご存じですか?ハイエースキャンピングカーとは、その名の通りトヨタのハイエースをベースにしたキャンピングカーのことです。その人気の理由は、軽キャンピングカーだとちょっと狭いし、大型キャンピングカーだと高価で手が出しづらい…という方にまさにぴったりのサイズ感とお手頃価格だからです。そこで、今回はハイエースキャンピングカーの基本的な情報から最新オススメ車種まで、初心者の方でも分かりやすい内容でご紹介したいと思います。

■ハイエースキャンピングカーの特徴

引用元:TOYOTA

ハイエースキャンピングカーは、いわゆる「バンコン」タイプのキャンピングカーに分類されます。その特徴は何と言っても「車内空間の広さ」です。普通免許で運転できる中では最大サイズとなっているため、家族が多い方や荷物をたくさん積みたい方、広々としたスペースを確保したい方にオススメです。さらにオプションもかなり充実しているので、キッチン・トイレ・就寝スペースなどを自分好みにカスタマイズすることができます。また車自体の走行性能も高く、乗用車として普段使いも可能であるという点も嬉しいポイントの一つです。

デメリットを挙げるとするならば、ハイエースは軽自動車などと比べると車体が大きいため、運転に慣れるまでは時間がかかってしまう点があります。ただ、スクエア型の車体なので他の同規模の車と比べると車幅の感覚がとてもつかみやすく、何度か乗るうちに慣れてくると思われます。

また、ハイエースそのものの種類が4種類あり、それぞれ大きさが異なります。

■中古情報

ハイエースのキャンピングカーの相場としては、安いものだと100万円台からありますが、設備などが充実しているものになると300万円から400万円ほどとなります。

中古車情報としてはグ―ネット(http://www.goo-net.com/index.html)や、カーセンサー(http://www.carsensor.net/)を参考にすると良いでしょう。

■自作情報

引用元:PhotoAC

自作と聞くと難しそうに思ってしまいますが、実はとっても簡単でしかもお安く、世界に1台の自分だけのキャンピングカーを実現できます。特にハイエースはもともとシンプルな構造でカスタマイズしやすいため、自作で費用を安く抑えながら自分好みの内装にしている方は多くいらっしゃいます。

基本的な作業としては、床・ベッド作りとボディおよび窓の断熱化が挙げられます。それだけの作業で、普通の車両から真冬でも快適に車中泊が可能な空間となります。費用としては約3万円程度となっています。さらに、好みや使用目的に応じて収納棚や網戸、サブバッテリーなどを設置したり、室内灯をLED化したりすれば、ますます快適な車内になること間違いなしです。

参考サイト:

http://enjoycamper.com/hiace/(写真多めで分かりやすい)

http://48rider.com/(かかった費用がとても詳しく載っている)

■スタンダードな内装情報

ハイエースのキャンピングカーでスタンダードな内装と言えば、ベッド、チェア、テーブル、照明と言ったところでしょうか。こだわりのキャンピングカーにするのにオススメしたいのは、収納を多く作ること、シャワーを備え付けること、内蔵式の冷蔵庫を備え付けることです。

キャンピングカーを選ぶときにオシャレなものを選びがちになってしまいますが、実際に利用するときにはオシャレさよりも機能性が重要となり、特に収納は多ければ多いほど助かります。

■改造情報

引用元:PhotoAC

キャンピングカー仕様のハイエースを購入した際に、「これも欲しかった」と思うこともあると思います。そんなときは、自分でキャンピングカーを改造するという手もあります。

自分で改造することが出来れば、自分だけのオリジナルキャンピングカーにすることも出来ます。

出来ることは「室内灯のLED化」や「扇風機の取り付け」「ソーラーパネルの取り付け」など様々ですが、機能の追加よりも内装の雰囲気を変える方が多いようです。

例えば、可愛らしいピンクを基調とした内装にしたり、お店の雰囲気を漂わせるようなゴージャスな床にしたり、和室のような雰囲気にしたりと驚くような内装にしている方もいるようです。

■ハイエースベースのおすすめ車種情報

引用元:PhotoAC

ここからは、国内で購入できるオススメ車種を一台一台詳しくご紹介します。ハイエースは人気車両となっているため、取り扱っている会社およびその種類がとても豊富です。選ぶポイントとしては、そのコンセプトがファミリー向けか、もしくはご夫婦・カップル向けかを確認してみること。コンセプトによって内装や装備、就寝スペースの広さがだいぶ変わってくるので、目的にあった素敵な一台をぜひ探してみてください。

1.Blue Moon

(引用元:KATO MOTOR

新潟県にある1956年創業のオリジナルキャンピングカーの製造・販売を行うカトーモーターの代表的キャンピングカーです。60年続いている企業ということもあって、その信頼と技術力は業界トップクラスです。

ブルームーンは乗車・就寝人数がともに4名なので、ご家族での旅行に最適の一台です。内装に天然木を贅沢に使用しているので、車内とは思えないほどの落ち着いた空間となっています。

内装においては、運転席後ろがリビングスペースとなっており、家族みんなで向かい合って食事することが可能です。さらにベッドスペースは業界初の「上下段スライド式二段ベッド」を採用。使わないときはコンパクトに、就寝時にはスライドさせることで600mmから1100mmのゆったりサイズのベッドでぐっすりお休みになれます。ベッド下には広めの収納スペースも。キッチンは独立型で見た目はコンパクトですが、ガラス蓋付ステンレスシンクや40L冷蔵庫、電子レンジなど設備はとても充実しています。さらに嬉しいのが、車両後方にスライドドア付フリールームがあるので、あったら絶対に便利なトイレスペースも確保できます。

ブルームーンは広さ・装備・レイアウトなど、すべて使い手のことを最大限配慮したまさに王道のキャンピングカーと言えます。ご家族での特別な思い出づくりにぴったりの一台となっています。価格は4,903,000円から、中古車も同社で取り扱っております。

リンク:http://www.katomotor.co.jp/newcar/van/blue_moon.html

2.リークⅡ

(引用元:ナッツRV

全国に直営店を持つ日本最大級のキャンピングカー製造メーカ「ナッツRV」が提供しているハイエースキャンピングカーです。すでに発売していたオシャレで快適と評判だった「リーク」のさらにパワーアップしたバージョンとなっています。

リークⅡは乗車人数7名、就寝人数4名であるため、ファミリー向けキャンピングカーと言えます。リークシリーズの特徴である「ベイウィンド(出窓)」によって広々空間を実現。なんと、ベッドサイズがダブルベッド級なので、就寝時には成人男性でもゆっくり休める広さになっています。リビングスペースは最大で5名が対面でくつろげるほか、収納スペースも拡大されて大容量で見た目もすっきり片付けることができるので、長旅でも安心です。キッチンスペースは、リークでは後部にあったのをドア付近に移動させたことによって、ベッド展開しても使用可能になり、より使いやすい設計になっています。シンク、冷蔵庫などの生活設備も標準装備となっています。

大容量の収納と大人でもゆっくりとくつろげる広いベッドスペースの両方を可能にした一台となっています。価格は4,496,900円から、同サイトで中古車も取り扱っています。

リンク:http://nutsrv.co.jp/renew2014/product/leek_two.html

3.VOGUE ALTAMODA

(引用元:トイファクトリー

岐阜県で1995年に創業したトイファクトリーの数あるハイエースキャンピングカーの中でも、特別なキャンピングカーです。幼い頃からキャンピングカーに親しんできた代表自身が、旅をする上で重要だと実感した「荷物をたくさん積めること」「快適に寝られること」をキャンピングカー作りの重要なポイントとして位置づけ、一台一台丁寧に作り上げられています。

乗車人数4名・就寝人数2名なので、ご夫婦やカップルに最適ですが、セカンドシートを展開してエキストラベッドとして使用することも可能であるため、お子様のいらっしゃるご家族でもお使いになれる一台です。

リビングスペースは運転席・助手席とセカンドシートを合わせた4名で、対面で座ることが可能です。家具やシートは写真からも伝わるように、細部まですべてこだわり抜いて作られています。また、天井やベッド下などには食器や調理道具、衣類などをきちんと整理しておける収納スペースが豊富です。車内の至る所にLED照明が設置してあり、夜間の荷積みやベッド展開の際に有り難い設備となっています。

後方に常設されているベッドは長さ1800mm・幅1500mm・高さ1040mmのダブルベッドサイズとなっているので、車内でも上質な睡眠が期待できます。さらには、渋滞時や寒い冬での旅行であったら嬉しい、トイレが標準装備に!まさにこれ一台あれば、どこでも快適に生活できちゃいます。優れた実用性と高いデザイン性を兼ね備えた一台。まさに高級ホテルの一室のような空間で、ご家族でもご夫婦でも快適な時間を過ごすことができます。価格は7,190,000円から、中古車のお取り扱いもあります。

リンク:http://www.toy-factory.jp/lineup/2016/01/vogue-altamoda.php

4.Mallorca(マヨルカ)

平成22年創業のキャンピングカー製造・販売会社「バンテック」が手掛けるキャンピングカー。比較的新しい会社ですが、キャブコン市場ではトップシェアを誇り、北海道・埼玉・愛知・京都と幅広く店舗展開しています。そんなバンテックで唯一のハイエースベースのキャンピングカーがマヨルカであり、バンテックの良さが詰め込まれた一台となっています。

マヨルカは乗車人数7名、就寝人数4名の家族向けの設計となっています。最大の特徴である上部のポップアップルーフを展開すれば、瞬時に長さ2150mm・幅1240mmの広々としたベッドスペースを確保できます。また、走行時は前向きに、停車時は対面にして家族の団欒スペースに、就寝時にはフルフラットにしてベッドスペースになるなど、多彩にアレンジできるシートも嬉しいポイントです。キッチンスペースは、調理にかかせないシンクやカセットコンロが標準装備となっているほか、冷蔵庫や電子レンジがオプションで設置可能です。バンコンでは珍しく、AC100V充電器や走行充電も標準装備となっているなど、ユーザーの利便性を考えられた作りになっています。車両後方には自在にアレンジできる収納スペースも確保されています。

広さとアレンジのしやすさを兼ね備えた一台となっているため…の方にお勧めです。価格は4,806,000円からとなっています。

リンク:http://www.vantech.jp/lineup/mallorca/index.html

5.FD-BOX6

東京都に本社を置くハイエース専門店「frexdream」が手掛けるキャンピングカーです。専門店ということもあり、驚くのはその種類の豊富さ。FD-BOXシリーズは全6種類あり、その中でも今回は最も装備が充実している「FD-BOX6」を取り上げます。

FD-BOX6は、長距離移動や車中泊に最適なキャンピングカーとなっています。その理由の一つは、熟練技術を持つ職人が丁寧に組み上げた独自の「REVOシート」を採用しており、長時間座っていても疲れない設計になっています。さらに運転席の後ろスペースがフルフラットベッドに展開できるので、かなり広い就寝スペースが確保できます。

FD-BOX6ならではの特徴としては、2段ベッド・サブバッテリー・AC100V電源が標準装備となっているため、エンジンをかけずに携帯電話の充電やDVD鑑賞などを行うことが可能です。シートは対面にアレンジすることも可能なので、車内で会話しながら食事を楽しむこともできます。トイレやキッチンといった生活設備は極力省いて、最も基本的で重要な座席シートや空間の広さにこだわった車種となっているため、設備よりも広さを重視したい方や家族が多いのでとにかくスペースを確保したい方には特にオススメです。

最大で10名まで乗車可能、お値段は430万円台からとなっています。

リンク:https://www.flexdream.jp/hiace/fdbox/fdbox6

6.A-room

「CCS」はキャンピングカーの製造・販売の老舗企業である「アールブイ・ビッグフット」が運営しているキャンピングカー専門ショップです。取り扱っている数多くのキャンピングカーの中でも、今回特にオススメなのが「A-room」です。

乗車・就寝人数がともに2名なので、ご夫婦やカップル向けのキャンピングカーとなっています。電子レンジや冷蔵庫など、調理に欠かせないものが標準装備となっているほか、ベッドは常設されているので、ベッドを作る作業を省いてすぐに体を休めることができます。さらに他社にはない特徴が、車体の上部に設置されている太陽光発電システム!これによって車内で快適に電化製品を使えるだけでなく、環境にもやさしいキャンピングカーとなっています。そのほか、ベッド下の大容量の収納スペースや、オプションでエアコンやトイレが設置できるなど、まさに一つの「room(部屋)」として使っていただける一台です。お値段は5,084,300円からです。

リンク:http://jrva-event.com/car/car_detail.php?vehicle_cd=228

7.Sepia

茨城県に本社を置くRVランドが販売しているキャンピングカー。新車・中古車の販売からレンタルまで、幅広いサービスを行っています。本社まで足を運べば、常に60台以上のキャンピングカーの展示を行っているので、実際の乗り心地やサイズ感などを体感することができます。

今回ご紹介するのは、二人旅をコンセプトに設計されたキャンピングカー「Sepia」です。ハイエースの広い室内空間を最大限に使い、ゆったりとくつろげるL型ラウンドソファや、広々とした常設ベッド(長さ1820mm・幅1100~1450mm)、ソファ後ろにはトイレルームにもなるマルチルームを設置しています。さらに、大型ミラー付クローゼットも完備しており、特に女性にはあったら嬉しい設備が充実しています。キッチンスペースは電子レンジや冷蔵庫など必要な設備がしっかり備わっています。

実用性抜群でありながら室内は白を基調とした清潔感あふれるデザインとなっており、まさに大切な人との二人旅をよりよいものにしてくれる一台になりそうです。

リンク:http://www.rvland.co.jp/buy/original/sepia.php

8.EDGE

同じくハイエースベースの「EDGE」は、ベッドスペースやトイレスペースをきちんと確保しながら、ご家族でご使用になれるタイプとなっています。

乗車定員7名となっており、サードシートをベッド状態にしても5名乗車が可能な幅広空間の車両となっています。

リンク:http://www.rvland.co.jp/buy/original/edge.php

9.Hiace place SL

引用元:株式会社レクビィ

愛知県に本社を置く、1990年創業の「レクビィ」オリジナルのキャンピングカー。こちらもご夫婦やカップルの二人旅に重きを置いた設計となっています。

通常時は最大3人掛けのソファに向かい合って座ることができ、就寝時には長さ1830mm・1710mmのフルフラットのベッドでゆっくり体を休めることが可能です。内装すべてがブラウンを基調とした落ち着いた内装となっており、見ているだけで気分が安らぎます。

キッチン周りもコンパクトでありながら、収納なども充実した使い勝手の良い設計になっています。さらに注目したいのが後方にある防水仕様のフリールームです。オプションでトイレを設置したり、荷物スペースにしたりと使い道は自由に決められるので、活躍すること間違いなしです。見た目にも内装にもとことんこだわった一台です。

乗車定員8名・就寝定員は3名で、価格は4,300,000円からとなっています。

リンク:http://www.recvee.jp/01_camper/01_line/25_sl/

10.Country club

同じくレクビィが製造・販売しているモデルでご家族向けにパワーアップした「Country club」もオススメです。こちらは、就寝定員が4名に拡大しているほか、後方の防水仕様のフリールームに洗面台が設置されており、車内でシャワーを浴びることが可能です。価格は5,200,000円からとなっています。

リンク:http://www.recvee.jp/01_camper/01_line/19_cc/

■まとめ

ここまで様々な車種をご紹介してきましたが、キャンピングカーを選ぶ際にハイエースは欠かせないと思います。釣り・キャンプ・サーフィンなどアウトドアの趣味をお持ちの方でしたら、なおさらハイエースは魅力のある車なのではないでしょうか。

自作・改造・中古車など、あなたに合った方法で、是非キャンピングカーを手にしてください。