必見!キャンピングカーメーカーおよびオススメ車種紹介2017

キャンピングカーの購入を検討された方や興味を持った方は、その取り扱いメーカーの多さに驚いたことはありませんか?

キャンピングカーの製造・販売を行っているメーカーは「ビルダー」と呼ばれ、もともとはアメリカやヨーロッパのような海外ビルダーが主流でした。しかし近年においては、日本の風土や気候に合わせたきめ細やかな製造を行う国内ビルダーもかなり増えてきています。

そんな国内ビルダーの中でも、ビルダーごとに扱っている車種やデザイン、冷蔵庫やトイレ・シャワーなどの装備、ベッドスペースの広さなどが異なるため、自分に合った一台を探す上でビルダー選びはとても重要です。

そこで今回は、キャンピングカー選びの鍵となるビルダーとそのオススメの車種をご紹介します。

キャンピングカー選びのポイントはメーカー!

キャンピングカーを購入しようとした場合、大事なポイントになるのはメーカー選びです。

通常の車と違って、キャンピングカーは走ることが目的ではなく、キャンプを楽しむことや旅を楽しむことです。その楽しみはキャンピングカーで大きく変わると言っても過言ではないでしょう。

キャンピングカーを作るメーカーも様々で、この後ご紹介していきますがメーカーによってこだわりもビジョンも違います。あなたに合ったメーカー選びを是非行ってください。

メーカー紹介

1.東和モータース

【特徴】「家族・夢・旅・自然」を大切に、車を通して幸せな社会を創ることを経営ビジョンとするビルダーです。アメリカ・オランダ・ドイツの輸入車を取り扱っているほか、2009年からオリジナルキャンピングカーの製造・販売を開始しました。代表車種として、キャブコンで人気のヴォーンシリーズ(キャブコン)や、使い勝手抜群のツェルトシリーズ(バンコン)があります。どの車種も広々快適空間とほっと安心できる落ち着いたデザインが特徴で、ファミリーで使いたい方に特にオススメです。

【取扱車種】キャブコン、バンコン、軽キャンピングカー、輸入キャンピングカー

【価格帯】279万~810万円

【所在地】本社:東京都杉並区、店舗:東京世田谷店、埼玉入間店、埼玉所沢店、埼玉本庄店、横浜店、千葉店、札幌スポット

【リンク】http://towa-motors.com

2.バンテック

【特徴】キャブコンの累計売り上げ台数NO.1のビルダーです。キャブコンの購入を検討中の方もそうでない方も特に必見の車種が、これまで3,500台を売り上げたジルシリーズ(キャブコン)です。スタイリッシュな外装と温かみの感じられる内装はご家族でもご夫婦でもぴったりの一台です。また、エアコン等の充実した設備や広々とした常設ベッドなども魅力的なポイントです。

【取扱車種】キャブコン、コンパクトキャブコン、バンコン、軽キャンピングカー

【価格帯】252万~997万円

【所在地】本社:埼玉県所沢市、店舗:北海道、埼玉、愛知、京都

【リンク】http://www.vantech.jp

3.NUTS RV

【特徴】日本国内で最大級のビルダーです。そのため、取り扱い車種もかなり豊富です。最新車種「クレアエボリューション」(キャブコン)では、独自開発の革新的充電システム「EVOシステム」を採用し、従来では長時間かかっていた充電がアイドリング4~5時間で復活できるように!これによってエアコンがアイドリングだけで使用できるなど、より快適な移動空間となっています。その他、可愛いデザインで人気の軽キャンピングカー「スビナ」もオススメです。

【取扱車種】バスコン、キャブコン、バンコン、軽キャンピングカー

【価格帯】120万~1,262万円

【所在地】本社:福岡県遠賀、店舗:太宰府インター、愛知、神奈川、札幌、京都

【リンク】http://nutsrv.co.jp

4.トイファクトリー

【特徴】車載式ルーフソーラーシステム導入など、業界初を次々と生み出している国内ビルダー。2001年に誕生したハイエースモデルのランドティピー(バンコン)は、多くの人々から支持されるロングセラーモデルとなっています。バンコンタイプの種類が最も豊富となっており、夫婦旅やお子様との旅行、トイレルーム付きの機能性の高いものなど、それぞれがしっかりとしたコンセプトで作れています。

【取扱車種】バスコン、バンコン、キャンピングトレーラー

【価格帯】259万~1,220万円

【所在地】本社:岐阜県可児市、店舗:湘南店、東北店

【リンク】http://www.toy-factory.jp

5.カトーモーター

【特徴】「社内一貫生産」を採用し、品質にとことんこだわり抜いたキャンピングカーを取り扱っているビルダーです。ハイエースベースのバンコンを豊富に品揃えしており、ファミリーや大人数で使用予定の方には特に見ていただきたいビルダーの一つです。どの車両も内装には天然木を贅沢に使用しているほか、温かみのある照明や家族団らんの時間を過ごせるゆったりとしたリビングスペースなど、魅力的なキャンピングカーが満載です。

【取扱車種】バスコン、キャブコン、バンコン、トレーラー

【価格帯】378万~1,186万円

【所在地】本社:新潟県燕市

【リンク】http://www.katomotor.co.jp

6.バンショップミカミ

【特徴】軽キャンピングカーの生みの親として知られているビルダー。内装・外装から家具まで、その一つ一つを職人さんの手作りで行っています。バンショップミカミの代表的な軽キャンピングカー「テントむし」は、軽キャンピングカーの購入をご検討中の方は必見です。元気になれるカラーと軽とは思えない広々とした空間は、ご家族にもご夫婦にもピッタリです。

【取扱車種】キャブコン、軽キャンピングカー、トレーラー

【価格帯】

【所在地】本社:鹿児島県曽於市

【リンク】http://www.vs-mikami.com

7.RV Land

【特徴】本社展示場では5,000坪の敷地に60台以上のキャンピングカーを展示しており、その取り扱いメーカー数は日本トップクラスのビルダーです。オリジナルキャンピングカーである「セピア」や「リノプレミアム」はホテルの一室のような上質な空間となっており、ご夫婦での優雅な二人旅に最適な一台です。また、近年リニューアルされた「ランドホームコースター」(バスコン)はまさに動く住居といえる、究極の一台です。

【取扱車種】バスコン、バンコン

【価格帯】422万~1,263万円

【所在地】茨城県常総市、店舗:イオンモールつくば店、流山店、九州・鳥栖展示場、

【リンク】http://www.rvland.co.jp

8.レクビィ

【特徴】ハイエースやキャラバンをベースにしたバンコンタイプが人気のビルダーです。ご夫婦二人旅をコンセプトに作られた「ハイエースプラスSL」やご家族向けの「カントリークラブ」には、車両後方に防水加工が施されたフリールームが確保されているので、渋滞時やキャンプ時などにあれば嬉しいトイレやシャワースペースとして活用できます。まさにこれ一台あれば、場所や環境を選ばずにどこにでも遊びに行くことが可能です。

【取扱車種】バンコン、軽キャンピングカー

【価格帯】178万~779万円

【所在地】本社:愛知県瀬戸市

【リンク】http://www.recvee.jp

9.ケイワークスオーロラ

【特徴】使い手の視点で、本当に使い勝手のよいキャンピングカー作りを追求しているビルダーです。特徴としては、自社開発した高級LED照明や三河家具職人の手作りの家具、車内でも疲れを次の日に残さずに快適に就寝できるシートなど、細部までこだわりが詰まっています。また車種情報だけでなく、キャンピングカーを購入する際の注意点などがサイトに分かりやすく記載されているため、初めて購入を考えている方は一読しておくと役に立つこと間違いなしです。

【取扱車種】バンコン、軽キャンピングカー

【価格帯】200万~545万円

【所在地】本社:愛知県豊橋市

【リンク】http://www.kworks-aurora.com

10.アネックス

【特徴】創業50の歴史を持つ老舗ビルダーです。使用目的や用途に応じて、「車中泊仕様バンコンシリーズ」「キャンパー仕様バンコンシリーズ」「キャブコンシリーズ」の3つのシリーズを展開しています。さらに人気モデルの「リコルソ「ファミリーワゴン」(どちらもバンコン)では、各レイアウトはそのままに、デザインをホワイトとブルーを基調とした北欧テイストにコーディネートすることができるので、デザインまでこだわりたい方には特にオススメです。

【取扱車種】キャブコン、バンコン

【価格帯】291万~940万円

【所在地】本社:徳島県吉野川市、店舗:東京、大阪

【リンク】http://www.annex-rv.co.jp

11.フィールドライフ

【特徴】「日本一品質の高い国産キャンピングカー」をコンセプトに製造・販売を行っているビルダーです。2012年に発売された軽キャンピングカー「バロッコ」は、現在生産が追いつかずオーダーストップになるほどの人気を集めています。その人気の秘密は、高断熱・高強度のボディに加えて、冷蔵庫にシンク、LED間接照明などが標準装備となっているなど、コンパクトながらにほしい設備が詰まった本格的なキャンピングカーとなっているためです。外装においても8色の中から好みの色をチョイスできるので、外装も内装もこだわりたい方にオススメ車種となっています。

【取扱車種】バスコン、軽キャンピングカー、トレーラー

【価格帯】191万~1,554万円

【所在地】本社:群馬県渋川市

【リンク】http://www.fieldlife.co.jp

12.キャンパー鹿児島

【特徴】社名の通り、鹿児島県を拠点とするビルダーです。その特徴は独自技術の高さであり、機能性を重視したい方は必見です。最近では、わずか8mmで優れた遮熱性を発揮する「超薄型遮熱材リフレクティックス」や、エネルギー効率が高くて寿命が長持ちの「車載用リチウム蓄電システム」などの最新技術が用いられた性能の高いキャンピングカーが数多く販売されています。その中でも、新たに発売されたハイエースベースの「rem Forest」は4名が就寝可能なファミリー向けキャンピングカーとなっています。

【取扱車種】バンコン、軽キャンピングカー

【価格帯】172万~699万円

【所在地】本社:鹿児島県東開町

【リンク】http://www.aa-k.com

まとめ

さまざまなビルダーをご紹介しましたが、気になるビルダーあるいはキャンピングカーはありましたか?ここで取り上げた車種はほんの一例ですので、好みのビルダーが見つかった際にはぜひ一度ホームページをチェックしてみてください。