初心者でも安心!キャンピングカーのレンタル方法および注意事項

近頃よく見かけるキャンピングカーですが、利用したいと思っていても一度のキャンプや旅行のために購入するのはなかなか勇気が要りますよね。

そこでオススメしたいのが、キャンピングカーのレンタルです。レンタルを活用すれば、利用したい数日の間だけ思う存分キャンピングカーでの旅行を楽しめるだけでなく、初期費用や維持費もかからないため経済的にもとってもお得です。

そこで今回は、キャンピングカーのレンタル方法やその際の注意事項などをお伝えします。

レンタルのメリット

上記でもお伝えしましたが、キャンピングカーをレンタルで利用することで、さまざまなメリットがあります。

1.気軽にキャンピングカーでの旅行を体験できる

キャンピングカーは一台あればとっても便利な乗り物ですが、自前で所有するとなると初期費用だけで数百万というお金が必要になります。そこに駐車場代や保険代などの維持費も…と考えると、購入するのに二の足を踏む方も多いのではないでしょうか?

しかし、レンタルであれば1日数万円から本格的なキャンピングカーを利用できるので、とっても経済的にキャンピングカーでの旅行を楽しむことができます。

2.自然の中で時間を気にせずキャンプができる

キャンピングカーは、それ一台で移動手段にも宿泊施設にもなる乗り物であるため、事前にホテルや交通機関の予約をする手間も省けるだけでなく、チェックイン時間なども気にする必要もありません。その分、旅先での景色や時間を思う存分味わうことができます。

3.ペットと一緒に旅行できる

レンタル会社や車両にもよりますが、ペット乗車可能なキャンピングカーをレンタルすれば、ペット可の宿やお店を探す必要がありません。大切なペットと常に一緒に旅行を楽しめるので、かけがえのない時間になること間違いなしです。

4.購入前に使い心地を体験できる

キャンピングカーの購入をすでに検討されている方は、気になっているモデルを購入前にレンタルすることで実際の使い勝手や運転しやすいかどうかを試すことができます。そうすることで、キャンピングカーの善し悪しをしっかりと確認することができ、安心して購入できます。

レンタル方法

キャンピングカーをレンタルして利用したい場合、一般的な車のレンタルと同じようにまずは利用したい日時と希望車両をホームページなどで確認し、空きがあるかどうか確認します。レンタル会社によって所有台数はさまざまですが、ほとんどは1~2台、台数が多い場合でも4~5台程度しか所有していないため、早めの予約をオススメします。

予約やレンタル状況を調べたいときにオススメしたいサイトがこちら。

レンタルキャンピングカーネット(https://rental-camper.jp)

北海道から沖縄、さらに海外まで、キャンピングカーのレンタルを行っているショップを紹介しているサイトです。地域ごとにレンタルショップが掲載されており、それぞれの店舗の所在地、連絡先、取り扱い車種に加えて、嬉しい割引制度なども紹介されています。

利用料金

利用料金については、車両ごとに1日単位で金額が決められていることが多いです。また、ショップにもよりますが、平日料金と土日祝料金、さらにシーズンによって料金が異なることがあります。

例えば業界大手の「ナッツRV」が行っているレンタルキャンピングカーの1日あたりの料金は、

キャブコン:平日18,000円・金土日祝25,000円・ハイシーズン30,000円

バンコン:平日15,000円・金土日祝20,000円・ハイシーズン25,000円

となっています。これが基本料金となり、さらに要望に合わせてポータブルトイレ等のオプションを追加できるようになっています。

このように、どのようなタイプのキャンピングカーを、どのタイミングで、何日間利用するかによって利用料金が決まります。

レンタルする際の注意事項

・ハイシーズンおよび人気エリアは早めの予約を

先ほどもお伝えした通り、レンタル会社にもよりますがレンタルできるキャンピングカーの台数は限られています。そのため、ゴールデンウィークやお盆などのいわゆるハイシーズンの時期や、北海道・沖縄といった人気エリアでレンタルをしようと思っても、すでに予約で埋まっている可能性があります。旅行日時が決まったらすぐに予約することオススメします。

・料金を支払うタイミング

キャンピングカーのレンタルにおいては、ショップの規定によっては事前に予約金を支払う場合があります。また、レンタル料の支払いも返却時ではなく借り出す当日に支払うことが多いので、ご注意ください。

・レンタルできる用品を事前にチェック

キャンプ時などに重要になるのが「ショップでどこまでレンタルできるのか」です。寝袋や椅子、テーブル、コップや皿などのキッチン用品などをショップで用意してもらえるのか、自分たちで用意するのかで事前の準備や荷物の量が大きく変わってきます。また、レンタルできるとしても、その料金によっては家にあるものを持っていったほうが費用が安く済むこともあるので、事前チェックは必須です。

・チャイルドシートの取り付け可否の確認

小さなお子さまとの利用の際は、座席にチャイルドシートが取り付け可能かどうかのチェックをオススメします。キャンピングカーの内装によっては取り付けできない場合もありますので、ご注意ください。

・トイレ付きモデルの場合の注意点

キャンピングカーによっては、車内にトイレルームが付いたモデルがあります。その場合は、汚物の処理を使用者に求めることがあります。

・貸し出し制限について

免許取得後1年未満の方や、年齢が20歳未満の方への貸し出しを行っていないショップもあります。

レンタルできる車両の種類とレンタルしてみた感想

レンタルできるキャンピングカーは、大きく分けて4種類あります。そこで以下では、それぞれの特徴と実際にレンタルしてみた感想をご紹介します。

【バスコン】

マイクロバスを改造したキャンピングカー。広々とした室内スペースに加えて、シャワー、トイレ、冷蔵庫、電子レンジ、エアコンなど、普通の住居に劣らない充実した設備が特徴です。ベッドルームもゆったりと確保されていることが多く、4~5人のファミリーでもご夫婦2人のキャンピングカーライフにも最適なモデルとなっています。

・バスコンでレース観戦!(https://rental-camper.jp/nottemita/14.html

小さなお子さまも含めた3人家族での利用。とにかく設備が充実しているので、家で過ごすのと変わらない快適さ。運転に関しては内輪差さえ注意すれば、あとは気にならないとのことでした。

【キャブコン】

トラックなどをベースとしているキャンピングカー。特徴的な見た目から、キャンピングカーといえばこの車両をイメージする方も多いのではないでしょうか?バスコンに比べてコンパクトな車体なので運転がしやすく、さらに室内は高さもあるため移動や調理も快適にこなせます。トイレなどの設備もかなり充実したものになっています。就寝定員が4~5人なのでファミリーや大人数での旅行にオススメな一台です。

・キャブコンの体験レポ(https://camphack.nap-camp.com/1306

こちらもご家族での利用でした。車内の乾燥対策や、上手な収納の仕方などが載っています。また、カーテンなどの装備品の事前チェックや、駐車場や道幅のサイズの確認をオススメしています。

【バンコン】

ベース車両にトヨタのハイエースなどのワンボックスカーを使ったキャンピングカー。見た目は普通の乗用車と変わらず、内装のみキャンピングカー仕様に改造されているものが一般的です。そのため、高さはキャブコンほどありませんが、キッチンや冷蔵庫などの装備や就寝スペースなどは見た目からは想像できないほど充実しています。また、キャブコンに比べて価格が安く設定されていることからご夫婦やカップルなどの少人数向きとなっています。

・バンコンを借りてみた(https://rental-camper.jp/nottemita/02.html

ご夫婦二人旅のレポートです。好きな場所で淹れたてのコーヒーを飲んだり、優雅な旅行が垣間みれたりします。乗用車とほぼ変わらないため運転しやすく、設備面でもFFヒーターなどが好評価でした。

【軽キャンピングカー】

軽自動車をベースとしたキャンピングカーです。その手軽さから近年人気を集めており、レンタルできる会社も徐々に増えてきています。大きなキャンピングカーにはまだ抵抗がある方や、たくさんの設備は求めず車中泊ができればいいという方にはまさに最適のキャンピングカーとなっています。価格もお手頃で運転もしやすいため、キャンピングカー初心者向きの車両です。

・軽キャンピングカーでの撮影旅行(https://rental-camper.jp/nottemita/12.html

ルーフがあるタイプのキャンピングカーを利用した二人旅。素敵な飛行機の写真とともに、軽キャンピングカーを利用した率直な感想が書かれています。

レンタル会社の紹介(一部)

キャンピングカーをレンタルするにはどこが良いのでしょうか?

最後にキャンピングカーがレンタルできる会社をご紹介していきます。

・東京キャンピングカーレンタルセンター

https://tokyo-crc.com/

東京でキャンピングカーをレンタルするならこちらはいかがでしょうか。

ハイエースやバネットトラックなど豊富な車種が揃っており、ファミリーでも大勢でも対応できる会社です。

・Canyon(キャニオン)

https://www.cancar-canyon.com/

関西でキャンピングカーレンタルを専門にしている会社です。

装備の取り付けなど写真を添えて掲載しているので分かりやすいサイトです。

・CampingCarのFUJI

http://www.campnofuji.jp/rental/sendai.html

東北地方でのキャンピングカーレンタルを中心に行っている宮城県の会社です。

アミティBやフォックスホライズンなど低価格でレンタルが可能になっています。

・スマイルキャンパー札幌

http://smilecamper.com/

キャンプの聖地北海道でキャンピングカーのレンタルを行っている会社です。

低価格で様々なオプションも無料となっていますので、キャンプを楽しめるのではないでしょうか。

まとめ

レンタルを利用するいちばんのメリットは何と言っても、金銭面で所有するのは難しいキャンピングカーをお得なお値段で存分に味わえることではないでしょうか。キャンピングカーに興味がある方はもちろん、そうでない方も、次の休暇はキャンピングカーを利用した旅行でその楽しさを一度経験してみてはいかがですか?